東京都|即日・24時間振込可能なクレジットカード現金化

繁華街やオフィス街が多く、アジアでNo1の大都市と言われている東京では、遊ぶ場所が随所にあり、24時間営業で即日引き出し可能なクレジットカード現金化が数多く存在しています。

東京でのクレジットカード現金化

東京の高層ビル街

欲望が渦巻く街「東京」。
飲食店、レジャー施設、パチンコ屋と遊ぶ場所には事欠かないが、誘惑が多いため、ついつい財布のひもが緩くなってしまいがちだ。

消費者金融は、主要の駅のほとんどに店舗を構えており、CD(キャッシュディスペンサー)が設置されているため24時間借入できる体制が整っている。
クレジットカード現金化業者も多く、消費が激しい東京ならではの需要と供給と言える。

特に金融系企業が多い地域「新宿」

新宿は歌舞伎町という世界有数の歓楽街があるばかりか、新宿駅周辺には都庁を始めとした数多くの高層ビルが立ち並び、多くの企業がオフィスを構えている。

新宿駅の1日平均乗降者数は2016年時点で「約347万人」と世界第一位で、ギネス世界記録認定まで受けており、文句なしに日本一人の多い街だ。
そのため、銀行はもちろん、消費者金融やクレジットカード現金化業者の多くは新宿にオフィスや店舗を構えており、一つのビルに消費者金融がいくつも入っていたり、並んで営業していたり、といった光景は珍しくない。

レンタルオフィスや広さ10㎡程のコンパクトオフィス等、安く借りられるというのも企業が多い理由の一つだが、何よりも利用者数が多い為、それ以上の収益が見込める。

東京のクレジットカード現金化業者はお得か?

東京のクレジットカード現金化はお得?

東京はやはり「薄利多売」を行う事が出来る点が強い。
需要が高い地域で営業を行う事により利用者一人当たりの利益を減らす事によってユーザーへ還元する事が可能なため、換金率が高くなりやすい傾向にある。
また、東京に事務所を構えるクレジットカード現金化業者は24時間営業な点も大きい。

特定の銀行口座を所有していれば15時以降であっても引き出しが可能、かつ、土日祝日に対応している会社等もあり、「スピード面」に於いても高いパフォーマンスが期待できるだろう。

悪質業者も多いのが現実

「クレジットカード現金化業者が多い」という事は、ユーザーにとってその分選択肢が多いという事であり、換金率を重視した会社から、スピード面、土日対応等、状況に応じて使い分ける事が可能となる。

しかし、業者が多いという事はその分「悪質業者も多い」というデメリットが考えられる。
カード決済はされたが現金が振り込まれない、決済名目が悪く利用停止となってしまった、提示された換金率と違う、といったようなトラブルは後を絶たない。
こういったトラブルに巻き込まれないためにも、業者選びはくれぐれも慎重に行う事を強くお奨めする。

東京でお奨めのクレジットカード現金化業者

私が良く利用する東京のクレジットカード現金化業者をご紹介したいと思う。
場面に応じて使い分ける事が多いが、下記の業者は換金率・スピード共に優れており、自身をもって奨められるものを厳選した。

キャッシュライン

キャッシュラインのスクリーンショット画像
POINT

換金率で選ぶなら何と言っても「キャッシュライン」。
最大で95%前後の換金が期待でき、スピードも◎
安心して利用出来る大手クレジットカード現金化業者である。

キャッシュラインの詳細はこちら

おひさまクレジット

おひさまクレジットのスクリーンショット画像
POINT

スピードと高換金率を兼ね備えたクレジットカード現金化業者「おひさまクレジット」。

手続きの煩雑さをとことん解消し、申し込みは1分の簡単入力のみでOK。
申し込みから振込まで10分以内で完了する迅速性に優れた会社だ。

おひさまクレジットの詳細はこちら

ライフ

ライフのスクリーンショット画像
POINT

業者を利用したクレジットカード現金化は、取り扱っているカードの種類が限られており、所有しているカードによっては利用を断れてしまう場合がある。
「ライフ」では幅広いカードに対応しており、近年流行している「auWALLET」等の携帯キャリア系のクレジットカードでも利用が可能。
もちろん、換金率・スピード面も〇。

ライフの詳細はこちら

24キャッシュ

24キャッシュのスクリーンショット画像
POINT

24時間いつでもどこでも現金を手にする事が可能な「24キャッシュ」のクレジットカード現金化は、ネットからの簡単申し込みで24時間365日・土日祝日可・日本全国OK!

深夜・早朝に係わらず現金化が可能となっており、柔軟性と対応力はまさに現金の119番的存在だ。

24キャッシュの詳細はこちら

消費者金融の怖さ

私は元多重債務者であり、当然、消費者金融にお世話になっていた時期もある。
個人的には、クレジットカード現金化よりも消費者金融の方が遥かに恐ろしい。

消費者金融で契約を行うとCD(キャッシュディスペンサー)で利用出来るIDカードが発行され、業者側から「融資枠」というものを設けられる。
その枠内であればいつでも借り入れが可能となり、例えば融資枠が50万円であればその内の5万円や10万円といったように枠を超えない範囲で何度でも借りる事が出来るシステムだ。

このCDという機器は、東京だと主要の駅に必ずといって良いほど設置されているため手軽に借りる事が出来てしまうのだが、このお手軽さが非常に危険。

コンビニでATMから貯金を引き出す感覚で利用出来てしまうので、「融資枠=貯金」という感覚になっていき、お金を借りる事への抵抗が無くなってしまうのだ。
私も例外ではなく、貯金を下ろす感覚で借金を重ね、気づけば3社の融資枠を使い切ってしまっていた。
利用の際はくれぐれも注意して使って頂きたいと思う。

なお、私は既に完済しているが、2年間程全く遊べない状況だった。
娯楽施設が多すぎるのも考えものだ・・・