リピーターが多い!【沖縄】でクレジットカード現金化をする方法

沖縄県には那覇や名護などの繁華街があり、クレジットカード現金化業者も店を構えています。地元の業者を選ぶ場合も問題ありませんが、ネットで現金化を行う場合は送料に注意しましょう。業者によっては商品を返送する必要があるので、状況によっては送料が痛い出費になり兼ねません。

沖縄でのクレジットカード現金化

沖縄の綺麗な海

日本最南端の歓楽街「沖縄」。
温かい気候に綺麗な海があるのは観光客にも人気で、非常に魅力的な街となっている。
飲食店やレジャー施設、お土産屋などがありつつキャバクラは風俗店もしっかりとある。
繁華街の名として挙がるのは那覇や名護などで、夜は地元の人と観光客で賑わっている。

小さな島で隔離されているからか、クレジットカード現金化業者をリピーターとして活用する人は少なくない。
面白いことに現金を郵送で送るシステムを採用している業者もあるのが特徴だ。

沖縄で金融系企業が多いのは「那覇」

繁華街として賑わう那覇には複数の金融系企業が密集している。
少ないが消費者金融も店を構えており、お金に困った人に対して融資を行っている。
名護もオフィス街では負けていないが、企業の集中度合いは那覇が勝っているだろう。

クレジットカード現金化業者も沖縄には点在していて、家電買取などを中心に扱うことが多いようだ。
換金率も85%を超えるので優良業者に分類される。

沖縄のクレジットカード現金化業者の特徴

沖縄では家電買取が主なクレジットカード現金化の手法になっているようで、指定の商品を購入して換金することになる。
換金率も80%から85%と高めになっており優良企業なのが伺える。

人気の商品を手に入れた際には換金率が90%になるケースもあるため、臨機応変な換金率設定は沖縄の人柄だろう。
来店不要の店舗もあるので利用しやすいし、沖縄という島国事情もあってかリピーターが多いのも特徴だ。
中には20年以上も営業を行う老舗業者もあるので安心感は非常に強い。

送料を加味するのが大切

荷物を運ぶ人形

沖縄は離島であり荷物の輸送に高いコストが掛かってしまう問題を抱えている。

クレジットカード現金化業者の中には、ネットショッピングで購入した商品を業者へ送り返すことで現金が振り込まれるケースもあるので送料には注意だ。

換金率が高い優良業者も、沖縄という条件だと手元に残るお金が少し減ってしまうかもしれない。
こうした状況を防ぐためにもどのような内容で現金化を行うかを事前に確認しておく必要がある。

間違った商品を購入しないようにする

実際に店舗へ行ってクレジットカード現金化を行う場合、ほとんどが実際に商品を購入して売却することになる。

例えば、家電を10万で購入して8万で売却するようなイメージだ。
そうした中で、時には現金化業者から購入する商品を指定される場合がある。
指定された商品を買うだけなので非常に楽なのだが、問題は間違って商品を購入した場合だ。
SONYのテレビを購入しないといけなかったのに、他のテレビを買ってしまうと買取をしてくれない最悪の事態になり兼ねない。

私は一度買う商品を間違えた経験があり、全身から血の気が引いた後に怒りが湧いてきた。

その場で買い取りしてくれるまで動かない意思を示したからか、何とか買い取ってもらうことに成功して胸をなでおろした記憶がある。
あれは本当にやばかった・・・。