北陸エリアではネット型が主流?石川県でクレジットカード現金化する方法

北陸エリアは店舗型が少ない?石川のクレジットカード現金化事情

県内で消費者金融は8社しかなく、お金を用意する手段が乏しい印象を受ける石川県では、急な資金繰りの際にクレジットカード現金化する方法が主流になりつつあります。無店舗型が好まれる理由に迫ります。

石川でのクレジットカード現金化

岩手県の岩手城

石川県は北陸エリアの中ではもっとも人口が少ないが人口密度は1k㎡あたり275人で北陸地方トップである。
人口密度の数字で近いのは300人前後を占める群馬、栃木、和歌山などにあたり、関東や太平洋側の地域と比較しても遜色はない。
海に面しているエリアが広く漁業が盛んで、能登半島を中心に観光スポットも多数ある。農業、漁業のほかにも工業系も盛んで、人口密度が高くて観光需要もあるためサービス業の仕事もたくさんある。

メーカー系に勤務している人は年収が高いが、少ない責任で働ける仕事の数もそれなりにあるので北陸エリアの中ではフリーター率も高く、収入格差の多い地域とも言える。
お金の足りなくなる金銭トラブルが起こりやすい状況が揃っていて、中心街や幹線道路沿いには消費者金融の自動契約コーナーが多数ある。
非正規労働者からは審査不要で利用できるクレジットカード現金化の注目度が高まっているエリアだ。

石川にクレジットカード現金化業者の店舗は無し

新幹線の開通したことで金沢駅周辺は再開発が進み、綺麗で大きい駅があり周辺エリアはそれなりに栄えている。
観光客が大幅に増えた一方で市内に住んでいる人も含めて金沢駅周辺はそれほど利用しない人が多い。
冬は豪雪地帯になることもあって、交通インフラが整うのも遅かったことから移動手段は車が定着している。

駅周辺よりも幹線道路沿いの方が飲食店は多く、駅から徒歩圏内には大人の男性向けに栄えているエリアが一部であるが規模はそれほど大きくない。
今の金沢駅周辺を見るとクレジットカード現金化業者の店舗もひとつくらいありそうなものだが、数年前は今以上に駅周辺を利用する地元住民がいなかったことも影響してクレジットカード現金化業者の店舗はひとつもない。
チケットショップとブランド品買取ショップはあるものの数は少なくチェーン店か小規模店舗が片手で数えられるくらいの数しかない。
店頭で現金化をする手段はあるが、カードトラブルや換金率の低くなる問題が発生する。

ネット型のクレジットカード現金化が主流

アマゾンギフト券やJCBギフト券などカード決済できるギフト券系であれば比較的条件は良くなるが、地元の人がわざわざ店舗で割安なギフト券を買おうという需要が少なく東京の大規模金券ショップに比べると買取条件が下がる。

もしギフト券を使った現金化をするとしても、ネットで業者を探したほうがいいだろう。クレジットカードのショッピング枠を直接現金に買えたい場合や、チケット系を活用した現金化手法に不安を感じる場合は来店不要の全国対応をしているクレジットカード現金化業者を使うべきだ。

地域密着型業者の需要は低い

石川全域で貸金業の届出をしている消費者業者は8社である。
人口、人口密度、観光需要を考慮すると、この金融業者数は少ない数字で、年々昔ながらの街金は減少していて、大手消費者金融やクレジットカード現金化の需要が高まっている。
ただし、クレジットカード現金化は昔からある業者や地域密着性よりも換金率やスピードなど利便性を重視し、店舗型からネット型へ移行しつつあるのが現状のようだ。

消費者金融ですら昔ながらの街金が苦戦しているのだから、クレジットカード現金化で運営コストのかかる店舗方式で営業したところで無店舗型業者の高条件にはかなわない。
クレジットカード現金化はこの先も普及していく見込みだが、石川に店舗型業者の登場する可能性は非常に低いだろう。