メリット・換金率|店舗型クレジットカード現金化

見かける事が少なくなった「店舗型のクレジットカード現金化」。現在の状況や、ネット型との換金率及びメリットの比較、実際に使ってみた体験談等をご紹介していきます。

店舗型クレジットカード現金化とは?

こんにちは、KJです。
店舗型クレジットカード現金化とは、その名の通り、利用者が営業時間内であればいつでも出入り出来る形の店舗を構えて営業するクレジットカード現金化業者の事だ。
人通りが多い繁華街の雑居ビル等に入っている事が多く、誰もが一度は目にしたことがあるだろう。

店舗型クレジットカード現金化が入っているビル

ご覧の通り、入るのにはかなり勇気が必要であり、流石の私も利用を戸惑うほどだ。

そのため、現在店舗型のクレジットカード現金化業者は減少の一途を辿っており、都市部の一部でしか見る事が出来なくなった。

当サイトは基本的には店舗型よりもネット型の業者を推奨しているが、ユーザーそれぞれのお住まいのエリアごとのおすすめ業者を都道府県別にまとめておいた。

47都道府県別に探す!おすすめ現金化業者

47都道府県別おすすめ業者
北海道・東北地方 北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城
東海・甲信越・北陸地方 愛知 静岡 岐阜 三重 山梨 長野 新潟 福井 石川 富山

店内の様子

ご推察の通り店内はかなり怪しいイメージ。
広さやディスプレイは店によって千差万別だが、共通して於いてあるのはガラスのショーケースに入ったのはどう見ても価値のないチケットや貴金属類だ。笑

クレジットカード現金化の店舗のショーケース

店員に必要な現金額を言う(5万円欲しい)か、10万円分換金して欲しい、といった形で希望を伝えると対応してくれる。

メリット・デメリット

現在はネット型クレジットカード現金化が主流となっており、店舗型がほとんど見なくなってしまったのは前述した通りだ。
しかし、人気が故に悪質な業者も増えてきており、約束した金額と違う、入金がなされない、といったトラブルが増加している。

その点、店舗型クレジットカードは店員と対面で取引を行うため意思の疎通が取りやすく、「納得した上で契約でき、トラブルになり難い点」で非常に優れている。
また、現金をその場で受領出来るのも有難く、口座を持っていない人でも利用できる点もメリットの一つだ。

このような理由から、店舗型クレジットカードは未だに根強い人気を誇っており、大手では店舗型・ネット型を両方運営する会社もあるくらい。
しかし、いい事ばかりでは無く、当然デメリットもある。

まず、ネット型に比べて換金率が低い。

テナント店舗を運営するには光熱費や賃料等のコストが掛かる為だ。
また、明確な料金表が存在しないので、店員の言い値での取引になってしまい若干不明瞭な印象も受ける。

店舗型クレジットカード現金化の体験談

都内某所。時は4号機全盛期。
この時打っていた機種は大都技研の「吉宗」。
手持ちのお金でギリギリ天井まで届くと踏んでいたのだが、この時に限って異様に回らない・・・

「頼む間に合ってくれ・・・」

しかし願いも空しく、当然のように天井まっしぐら。
ついに手持ちが尽きてしまった。
天井までは残り50Gほどで、金額にして2000円ほどだ。
それぐらいなら口座に入っているかも、、と台をキープし銀行へダッシュ!
ATMで口座残高を確認する。

「残高359円」

流石に笑うしかない。笑
キャッシングもすでに限度額であり、もうお手上げ状態。
「もうダメか・・・」
諦めて帰ろうとすると、目にある看板が飛び込んできた。

【クレジットカードのショッピング枠を現金化します!】

悩んでいる時間は無かった・・・
もうこれに掛けるしか無いっ!!

ドキドキしながら店内へ入ると、予想通りの怪しい雰囲気で、チケットの入ったガラスケースが並んでおり、奥には中年頃とみられる男性がいた。
そして店内には料金表や説明書き等は一切無い。
キョロキョロしていると、先ほどの店員が話しかけてきた。

店員「いらっしゃいませ(にっこり)」
KJ「こ、こんにちは。看板を見たのですが・・・」 店員「ありがとうございます!クレジットカードはお持ちですか?」
KJ「は、はい!これなんですが・・・」
店員「このカードでしたら大丈夫ですよ!おいくらほど必要ですか?」
KJ「出来れば3万円くらい欲しいです。」

ここで店員が電卓を取り出す。

店員「このカードですと、換金率70%での取引になるので~」
店員「42858円の商品を買って頂く形になりますね(にっこり)」
KJ「え!?」

怪しすぎる!店舗型クレジットカードの換金率のびっくりするKJ

KJ「(・・・そもそも70%とか何を基準に言ってるんだ?手数料が高過ぎるんじゃないのか?)
店員のスマイルが怪しさをより引き立たせる。 悩む私。

店員「どうしましょうか~?」 KJ「・・・」

私に選択肢は無かった・・・

結局、初めに提示された条件でお願いする事になり、申し込み用紙に簡単な記入を行う。クレジットカードで指定された商品を購入し、その場で3万円で買い取ってもらった。
時間にして、入店してから10分ほどでした。

店員「ありがとうございました~(にっこり)」
KJ「・・・」

なんとか現金を手にした私はすぐにキープしていた台に無事戻る事が出来たのであった。

⇒初めて店舗型クレジットカード現金化を利用した感想

【良い点】

・すぐに現金を手にする事が出来た
・クレジットカードさえあればOKという点が助かる

【悪い点】

・換金率が不明瞭?(店員の言い値)
・雰囲気が怪しく、利用し辛い
・場所が限定されてしまう

当時はまだスマートフォンも無くネットもさほど普及してなかったので、このような営業方法となってしまったのだろう、お客さんも利用せざるを得なかったのでしょう。

現在であれば上記悪い点を全て改善しているネット型の方が断然優れていると言えるだろうが、未だに利用者は多いらしい。

状況に応じて使い分けが可能であれば一番良いのだが、店舗数が少ない上に都市部にしかないのが致命的か・・・

ちなみに・・・

現金を手にしたKJは、その後無事に天井到達。
レギュラーボーナス単発をくらうのであった。