業者VS自分で現金化|クレジットカード現金化メリット比較

クレジットカード現金化には大きく分けて現金化業者を利用する方法と自分で現金化する方法の2種類がありそれぞれ特徴やメリットがあります。両者の違いを比較検証しました。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化のメリット

前回はクレジットカード現金化のリスクや注意点等を紹介させてもらったが、今回はメリット・利点について確認して行こうと思う。

手軽に現金を作る事が出来る

何と言っても一番のメリットは「クレジットカードさえあれば誰でも出来る」点だろう。

消費者金融ほど敷居は高くないし、キャッシングが出来ないカードでもショッピング枠さえ残っていれば現金化する事が可能だ。
自分で商品を売ったり買ったりする方法が原則だが、業者を利用する方法であれば携帯電話やPCさえあれば当日の内に現金化できてしまう。

つなぎ資金として有効

個人利用であれば給料日前等の入用の際に、法人であれば売り上げはあるが入金は1か月後といった際の「つなぎ」としての活用が有効的だろう。

特に法人利用の場合は換金額が大きくなる事が多いため、換金率が優遇されている場合がほとんどだ。
もしホームページに記載が無い場合でも換金率アップの交渉をしてみると良いだろう。

審査が無い

クレジットカード現金化は融資では無いため、「審査」という概念が無い。
自分で商品を売買し現金を作る場合でも業者を用いた場合でも利用するのもキャッシング枠さえ残っていればOK。

3枚のクレジットカードの画像

万が一利用者が商品購入に使ったお金を弁済できなくても、はクレジットカード会社が負担するため、現金化業者は何らリスクを負わないためだ。(もちろん、現金化業者は債権者ではないので、当然債務の催告や取り立ては無い。)

信用情報がブラックであっても利用が可能である点や審査に余計な時間が掛からないためスピーディに現金を手にする事が出来る点が魅力と言えるだろう。

業者を利用する方法が一般的

インターネットが普及する前は自分で商品を買い、質屋や買取ショップに持ち込む事により現金を手にしていたが、今は業者を利用する方法が一般的だ。
理由は、現金化業者が増えた事による価格競争の結果、換金率が大きくデフレーションしたためである。

昔のような換金率70%前後という酷い現金化業者はほとんどいなくなり、優良と呼ばれる業者であれば換金率90%以上という数字も決して珍しくはない。
店舗型がほとんどであった現金化業者は、現在ホームページからの集客がメインのネット型へ変化しており、「薄利多売」の営業モデルが確立している。
高い換金率で営業を行ってもそれ以上に利用者が増えている為、利益を出せる計算だ。

業者利用の方がお得?

クレジットカード現金化のメリット

「どの現金化方法を用いるのが一番得なのか?」
様々な現金化方法を実践してきた結果、

・優良業者であれば業者を利用する方法
・普通以下の業者であれば自ら足を使って現金化する方法

が最も損をしないと方法であるという結論に至った。

つまり、換金率90%を超えるような業者であれば現金化業者を利用した方が良いし、逆に換金率70%前後のようなクソ業者であれば自分で何かしら商品を買って即売りするという方法を取った方が良いだろう。
人気のゲーム機・漫画本・DVDであれば70~80%程の現金となるはずだ。

しかし、これら商品は不自然に大量購入するとカード会社から目を付けられてしまう恐れや利用停止になる恐れがあるため、高額の換金は難しいというデメリットもある。

安全に利用するなら業者が無難

クレジットカード現金化に於いて最も気を付けなければならないのが、規約違反に伴うクレジットカードの「利用停止処分」。
この処分は信用情報に載るため、今後しばらくクレジットカードが作れなくなる可能性がある。

規約違反とは現金化行為(ショッピング枠を現金に換える行為)を指すが、クレジットカード会社側は商品の購入履歴や購入した品物しか調べない。
というよりも、商品の売却に関してはカード会社が調べようがないので、それしか判断する材料がないのだ。
現金化業者を利用する場合、全く関連性の無い店名と品名で決済を行うため、現金化行為の事実がカード会社に絶対にバレないという利点があり、安全性が高い。

ただし、いい加減な現金化業者の場合、この対策を怠っていたり、業者自体がカード会社に目を付けられてしまっているため利用者も目を付けられてしまったりもするため、業者選びは入念に行う必要があるだろう。