交通系電子マネー換金率|クレジットカード現金化

交通系電子マネーに現金をチャージした上で当商品を売買するクレジットカード現金化が流行しています。気になる換金率相場や手数料を調査しました。

交通系電子マネーを用いた現金化

交通系電子マネーとは、「Suica」や「PASMO」といった交通系企業が運営する決済サービスの総称で、ICカードとも呼ばれる。

これらICカードには「チャージ」と呼ばれる機能を備えており、任意の金額を予めカードに貯めておく(チャージしておく)事により、わざわざ券売機で切符等を購入したり、乗降時に支払いをする必要が無くなる。

専用の機器にタッチするだけで利用した分だけの運賃を差し引かれるシステムとなっており、子供から大人まで幅広く利用され、今や持っていない人の方が少ないだろう。
最近ではコンビニやレジャー施設での支払いに利用する事ができ、今後も利用者は増えていく画期的な決済方法だ。
今回はこの「交通系電子マネーのクレジットカード現金化」について書いてみようと思う。

交通系電子マネーの現金化考察

ICカードのチャージ機能を利用したクレジットカード現金化方法は、正直思いつかなかった。
良く考えるもんだなぁと素直に関心してしまった。
私が当該クレジットカード現金化方法を知ったきっかけは、またもや「メルカリ」だった。

メルカリに大量に出品された交通系電子マネー

前回、メルカリやヤフオクを用いたクレジットカード現金化をご紹介させて頂いたが、現行紙幣に続き、新たな商品が多数出品された。

メリカリの交通系電子マネーを利用したクレジットカード現金化

上記は、現金の出品が禁止された事に伴い、大量に出品されたといった交通系電子マネー(ICカード)だ。
現行紙幣の出品禁止・監視強化された事を別記事において説明させてもらいましたが、これら一連流れに伴い、爆発的に増加したとみられている。

あまりにも多すぎるデメリット

当該クレジットカード現金化のメリットとデメリットから考察してみる事にしたが、考えれば考える程、デメリットが多すぎる。
デメリットは以下の通り。

〈デメリット〉

①交通系電子マネーはチャージ出来るのが2万円までとなっているため、高額な現金化には向かない。(複数枚落札する必要がある。)
②落札→発送となるため時間が掛かる
③素人が出品しているため、換金率相場がめちゃくちゃ
④規約違反のため退会処分を受ける可能性がある
⑤商品を受け取った後、払い戻し手続きが必要

①については、複数枚購入する事で解決が可能だが、同じ出品者から落札する場合を除き、複数の出品者とやり取りを行わなくてはならなく、非常に煩雑である。
また③換金率は、私が見る限り64%~81%と、かなり開きがあった。

出品例その1

チャージ分2万円+デポジット500円が25000円で出品
「(ICカード価値20500円-返金手数料220円)÷落札額25000円」で、換金率81.1%
※返金には1枚のICカードにつき220円掛かる

出品例その2

チャージ分1000円+デポジット500円が2000円で出品
「(ICカード価値1500円-返金手数料220円)÷落札額2000円」で、換金率64%

と、金額にもよるのだが、かなり差が開いている事が分かる。
こんな低い換金率で落札する人いるのか??と思ったが、意外にも「SOLD(売却済)」の文字は多くみられる。

ただでさえ低い換金率に加え、④の強制退会リスクや⑤の手続きの煩雑さを加味すると、はっきりいってメリットなどほとんど無い現金化であると言えるだろう。

特に⑤に関しては、自宅から離れた駅でないと手続きが行えない可能性もあるため、そこに行くまでの手間や交通費等を考えると、実質的な換金率は更に下がってしまう。

結論を言うと、換金率が低く、手続きの煩雑である、リスク等を考えると個人的には正直お奨め出来ないクレジットカード現金化方法である。

業者を用いた場合と比較してみる

クレジットカード現金化で業者を利用した場合の計算

クレジットカード現金化には現金化を行う業者を利用した方法がある。
ひと昔前まではかなり怪しく、換金率も低い現金調達方法だったのだが、ネットの普及から当事業に参入する会社が増えた為価格競争が進み、かなり身近なものとなっている。

10万円分のショッピング枠を利用した場合を想定し、換金率を比較してみたいと思う。

【現金化業者を利用した場合の手取額】

〇クレジットカード現金化業者Aのデータ
換金率92%
振込手数料1000円
「利用額10万円×換金率92%-振込手数料1000円」
最終手取額・・・91000円
掛かる時間20分

〇クレジットカード現金化業者Bのデータ
換金率89%
振込手数料無し
5000円キャッシュバック
「利用額10万円×89%+キャッシュバック5000円」
最終手取額・・・94000円
掛かる時間25分

【交通系電子マネーを利用した場合の手取額】

(2万円分チャージのICカードを25000円で4枚落札したと仮定し、計算)
「(チャージ分2万円+デポジット500円)×4枚-(返金手数料220円×4枚)」
最終手取額・・・81120円
掛かる時間2~3日

結果は業者利用の方がお得であるという結果になった。

また、申し込みから入金までのスピードを考えても、落札から現金を手にするまで最低でも数日要する交通系電子マネーに対し、現金化業者は20~30分での入金となり、その点に於いても圧勝であった。
なお、現金化業者はその時の状況に応じて使い分ける方が良い。

その日によって換金率が変わったり、キャッシュバックキャンペーン等を実施している場合があったり、スピードをセールスポイントにしている業者等、多種多様である。
余裕があれば、3社ほど候補を絞ったうえで、全ての業者に話を聞いてみて、一番条件の良い業者に頼むのが最も損をしない賢い方法と言えるだろう。

最終的な手取額と手間を考慮しよう

数えきれない程の現金化を行ってきた私だが、現金化する際に共通して思っていたのは「すぐに現金が欲しい」だ。

私の場合、スロットの軍資金として利用する事が多かった事もある。
(天井まで打つ事を決意すると起こる謎のコイン持ち悪さやヒキの悪さが利用回数に拍車を掛けている・・・)
台をキープしてられるのはせいぜい40~50分。
それまでに戻らなければ大当たり中であろうが、どれほどコインを持っていようが容赦なく整理されてしまう。

つまりこの場合、即日、それも30分以内に現金を手に入れられなければ現金化するメリットがまるで無い。

今回考察した交通系電子マネーを用いたクレジットカード現金化は、現金を手にするまでに時間が掛かり過ぎてしまうため、真っ先に選択肢から外れてしまうと考える。
直接現金化が可能であれば、月々の支払い等に計画的に利用する事も考えられるが、わざわざJRの窓口へ行って払い戻しを受けなければならないのはいくらなんでも煩雑すぎる。近くにそのような窓口が無い人もいるだろうから、利用出来る人が限定的なのもよろしくない。
全ての点で業者を利用したクレジットカード現金化の方が勝っている。

検証を行ってみようかと思っていたのだが、はっきり言って検証するまでもなく全くお奨め出来ない現金化方法であると言える。
ヤフオク・メルカリVS違反出品者のいたちごっこはいつまで続くのだろうか・・・

↓なお、メルカリにはこのような出品もあった。天才か・・・

メリカリで見つけた現金化の出品物