審査&保証人不要|クレジットカード現金化とは

何故クレジットカード現金化は「審査無し」「保証人不要」で現金調達が出来るのか。現金化に於ける法律構成とその理由を徹底解説します。

現金化の審査について

現金化に使用するクレジットカードの画像

よく「クレジットカード現金化って審査はあるの?」という質問を受ける。
意外と知られていないようなので、今回はクレジットカード現金化の法的な構成や、融資を受けた場合との違いについて解説していきたいと思う。

銀行・消費者金融の審査

貸主である銀行や消費者金融もボランティア団体では無いため、当然の事ながら返ってくる見込みのない者に金銭は貸せない。

そのため、銀行やノンバンクと呼ばれる消費者金融等からお金を借りる場合、必ず返済能力・過去から現在に至るまでの借入状況(クレヒス)といった信用情報が審査される。
この信用情報によって融資の可否が判断され、場合によっては金銭を貸して貰えなかったり、追加で何か担保を提供(保証人を付ける、不動産に抵当権を設定する等)しなければならない。

融資は「金銭消費貸借契約」という

銀行や消費者金融から金銭を借りる法律行為は民法上の「消費貸借契約」に該当する。
これは、借りた物を別の物で返す典型契約と呼ばれる契約の一種で、例えばお米や醤油を借りた際に、同じものは既に消費して返せないため、別の物ではあるが同種の物を以て返済を行うという法律行為である。

金銭も一度使ってしまうと最早同じ物を用意する事は不可能なため、同じ額の金員を以て返済を行う形式の法律構成となっているのだ。
金銭を借りた人は当然の事ながら、借りた分の金銭を弁済する義務を負う。

クレジットカード現金化の法律構成

ここでクレジットカード現金化の流れを一つずつおさらいしておこう。

①クレジットカードで商品を購入する
②購入した商品を売却する
③現金を受け取り、現金化完了

これが現金化までの一連の流れとなるが、③については「現金を受け取る」という行為が法律行為に該当しない(事実行為という)為、無視して頂いて構わない。
重要なのは①②だ。

現金化は金銭消費賃借ではない

上記①②の行為は物を買って、売却するという「売買契約」に該当する。
ただし、売買の中身は多種多様であり、その場で現金を決済する事により売買完了となる場合もあれば、代金のみを先に支払い商品は後ほど送られてくる予約付きの売買であったり、商品代金を分割で支払う割賦払いであったりと様々だ。

説明のポイントをさす指

クレジットカードで商品を支払う場合、カード会社側が店舗側に代金を立て替えて支払うため、店舗側としては代金を既に受け取ったという事になる。
つまり、店舗側は代金の不払いというリスクを負う事が無いので、審査を行う必要が無いが、その反面カード会社側は立て替えた分の代金をユーザー側から支払ってもらえない可能性というリスクを負う。

カード会社側からの審査は無い

リスクを負うカード会社から審査はあるのか?という点だが、クレジットカードにはショッピング枠という自由に使える枠が予め設けられており、この枠内であれば自由に商品を購入する事が出来る。

つまり、クレジットカードを作った時点でこの枠内の審査は完了しており、商品を購入する度に審査が入るという事は無い。

結論

クレジットカード現金化会社は上記①②で云う所の店舗側に該当する。
商品を売る側と買う側が同一という点を除けば「売買契約」と同じの法律構成となる。
従って現金化業者側が「不払い」というリスクを負う事は無いので、結論として審査も不要という事になる。

そのため、信用情報がブラックであっても利用出来るというメリットがあり、同現金化方法の強みとも言えるだろう。
銀行や消費者金融での借入を断られてしまった場合にはクレジットカード現金化を検討してみても良いかもしれない。