日常生活でのクレジットカード現金化!ポイント活用術

実はクレジットカード現金化は日常生活の中でも行う事が出来ます。私が実際に行っていたちょっとずるいポイント活用術・現金化術をご紹介したいと思います。

日常生活の中でも現金化は可能

クレジットカード現金化方法は必ずしも業者利用したり高額商品を転売する必要は無く、日々の生活の中にもチャンスはある。
私が本当に現金が無かった時に使っていた小賢しい手段をご紹介しよう。

飲み会等の際にクレジットカードでまとめて支払う

飲み会の時はクレジットカードカードでまとめて払う

ド定番なクレジットカード現金化方法だが、至って簡単。
飲み会や食事会の際、会計時に素早く「1人いくらか」を計算しよう!
「1人○○円ね~」と、現金を回収しレジに持っていき、自身のクレジットカードで支払う。これで完了。

会計が6人で3万円だったと仮定すると1人辺り5000円となり、自分の払いを除いて25000円の現金を手にする事が出来る。

しかし、あまり露骨にやると周囲から嫌われる恐れがある諸刃の剣だ。
空気を読みつつ、こっそりとやる事をお奨めする。
また、余りにも早く伝票を取りに行くと、奢りだと思われる可能性もあるため、タイミングはきちんと見定めよう!

幹事はどんどん買って出よう!

社内行事や催し物が開催される場合、幹事は自分から進んで引き受ける事をお奨めする。割り勘の際には自然に会計する事が出来るし、花見や花火大会等といった酒、つまみ類の買い出しが必要な飲み会では、仕入れの全権を持つ事が出来る。

これらの支払を全てクレジットカードで行った上で会費を徴収すれば、かなりの金額の現金化が可能となる。
周囲からの評価もあがり、一石二鳥だ!
ごく稀だが、幹事大変だったろうからお釣りは貰っていいよ~という有難いお言葉を頂く事もある。

ポイントが付くカードを作ろう

クレジットカードで買い物を行うと付与される「ポイント」だが、これが中々馬鹿に出来ない。
利用料金の1~2%がポイントとして貯まっていき、1ポイント=1円で買い物に利用したり、カード会社が提供するサービスを受けられたりする。
幹事を良く行っていると、このポイントが意外にも貯まっていくのだ。

私も始めはポイントに興味が無かったが、幹事や支払いを自身が良く行っていた時期にふとポイント帳を見ると、5万ポイント程貯まっており大変驚いたのを覚えている。

このポイントをリセールバリューの高い商品券や電子マネーに交換し換金すれば、更に現金を手にする事が出来る。
クレジットカードは必ずポイントサービスがある会社のものを選ぶようにしよう。

失敗談~こんな場面ではやめておこう~

「割り勘」によるクレジットカード現金化方法を前述でご紹介させて頂いたが、この方法は使用してはいけないお店がある。
それは「キャバクラ店」だ。

15年程前・・・ 私は、友人と共に行きつけのキャバクラ店で遊んでいた。
その日は私を含めて3人だったが、久々に再開した事もあり、ついつい飲み過ぎてしまった。
2時間程女の子とキャッキャ・ウフフとした挙句、会計は9万円・・・
ありがとうございました!とボーイさんが伝票を私に差し出す。
うわー使い過ぎちゃったな・・・と一瞬思ったが、これはチャンスです!

友人2人に伝票を見せ、1人3万円ずつという旨を促し、現金を回収。
クレジットカードを手にボーイさんのいるカウンターへ向かった。

私「カードでお願いします^^」
ボーイさん「カードですと20%のカード手数料が掛かりますがよろしいでしょうか?」
私「え?^^;」

キャバクラのカード手数料にショックをうけるKJ

そう・・・キャバクラには「カード手数料」という悪しき習慣があるのだ!
もちろんこういった手数料は違法なのだが、キャバクラ界では当たり前に請求されており、会計が10~20%程上乗せされるという危険性がある。

当時キャバクラに慣れていなかった私はそのことを知らずに会計を買って出てしまった。作戦を変更し現金で払おうと思ったのだが、手持ちの現金が足らず、泣く泣く会計9万円+手数料18000円をクレジットカードで支払った。
現在はこのような違法手数料を取るお店は減ってきているようだが、未だに請求してくるお店は数多く存在している。
利用の際にはくれぐれもご注意くださいね。