クレカ堂の評判は?クレジットカード現金化業者を追跡

老舗のクレジットカード現金化業者「クレカ堂」は、他社と比べて換金率・スピードはどのように変わるのでしょうか。利用の前に同社の評判・口コミをチェックしましょう。

クレカ堂概要

クレカ堂スクリーンショット画像

総合評価 1つ星

換金率 1つ星 スピード 1つ星
接客対応 2つ星 リピート率 1つ星
会社名 クレカ堂
所在地 東京都港区高輪3-25-27 アベニュー高輪402
営業時間 8:00~21:00
URL http://creca-do.jp/
クレカ堂公式サイトはこちら

クレカ堂の特徴

クレカ堂の換金率やスピード、口コミ等をまとめました。

評判はあまり良くない

昔からある老舗のクレジットカード現金化業者「クレカ堂」だが、実はちょっとした有名会社である。

「素人を食い物にする悪徳業者」である為だ。

同社のホームページには換金率というものの記載が無く、怪しげな査定表のみがアップされている。

クレカ堂の換金率

ネットオークションは115%と基準が良く分からない換金率が設定されており、実際は換金率70%程度と思われる。
恐らくホームページ上の記載は表向き「現金化はしていまんせんよ」というアピールなのだろう。

買取方式を採用

山積みの段ボール

クレカ堂のホームページには「各種手数料無料」「代引き手数料・送料は当社が負担」などの記載が多くみられるため、客観的にみて商品をクレジットカードを買って送る流れなのだろうと推察出来る。

ひと昔前は良く見られた「買取方式」という方法で、実際に商品の授受という実体があるため、架空取引や現金化とは見られづらいというメリットがある。

しかし、これは業者側のメリットが大きく、ユーザー側にとってはデメリットが大きい取引と言えるため、現在は「キャッシュバック方式」が人気となっている。

買取方式が店に有利なワケ

クレジットカード現金化は一歩間違えると無許可貸金業(ヤミ金)と捉えられかねない。そのため、業者側も商品取引の実体をある程度具えておく必要がある。

買取方式の場合、商品を実際にやり取りがあるため真正な取引があった事の証明となり、業者側からみた時に非常に高いメリットがある。
また、悪徳業者が換金率を下げる口実としても都合が良い。

「商品が送られて来ない」
「商品にキズが付いていた」

などのイチャモンを付けてくる業者は多い。

買取方式はユーザーに不利か?

業者側に有利である一方でユーザー側には不利である点が多い。
理由は以下の通り。

①送られてくる商品を送り返さなくてはならない
②商品が送られて来ないリスクがある
③商品を業者側が受け取ってから振込の場合、非常に時間が掛かる

特に③については早くとも2~3日は掛かってしまうため、迅速性という観念で見た時にデメリットしかない。
このタイムラグを解消するために、商品の受領前に現金を先振込する方法を執る業者も多い。

現金化業者を探す際には、キャッシュバック方式か先振込可能な買取方式の方法を執る業者を選ぶようにしよう。

記載された古物営業許可番号について

古物営業許可を取得している業者には許可番号というものが割り振られている。
許可取得及びURL等の届出が完了すると、「古物商URL届出業者」として各都道府県の公安委員会より会社名やホームページが公表される。

同社のホームページに記載された営業許可番号を調べてみた所、URLの届出はなされていないようで、真正なものという確認が出来なかった。

総評

クレカ堂を調査してみたところ、以下の点が気になった。

・買取方式を採用している点
・口コミで非常に評価が低い点(換金率60~70%)

私自身も昔から同社の事は知っているがあまりいい噂は聞かない。
敢えてこの業者を選ぶ必要性もメリットも無いだろう。

クレカ堂公式サイトはこちら

クレカ堂の口コミ・評判

換金率悪いよ。当初換金率80%を提示されたんだけど、直前になって消費税やら、手数料やら言われて結局70%前後になった。

(神奈川県・男性)

最悪。換金率も6割程度。絶対に使わない方が良いよ。

(滋賀県・男性)

商品を送り返したり色々と指示されたりして良く分かず、結果利用しませんでした。

(神奈川県・男性)

換金率、接客共に良くない。換金率を聞いても審査部門が判断するから~と中々教えてくれず、挙句の果てに提示されたのが60%。もう利用しません。

(千葉県・男性)