クレジットカード現金化が利用しやすくなる?~モアタイムとは

モアタイムによってクレジットカード現金化は夜間や深夜、早朝に利用が便利になり、取り扱い金融機関で業者を選ぶ必要がなくなります。当該サービスの概要や業者に与える影響等についてまとめました。

モアタイムの導入が開始

銀行のATM

2018年11月9日より全国504の金融機関で24時間365日の即時振込を可能にするモアタイムシステムの運用が始まった。
従来は銀行の振込は平日15時の窓口営業時間内でしか振込出来ず、ネットバンクやゆうちょ銀行は24時間送金サービスに対応していたが、24時間即時振込が反映されるのは同じ金融機関同士に限定されるのがネックであった。

また、これまでのクレジットカード現金化業者は、銀行窓口時間外対応を行うために複数のネットバンクに対応させ、お客の希望する金融機関から振り込みを行う必要があり、フットワークを下げる原因とも言えた。
今後は、アタイムシステムに参加している金融機関の口座を持っていれば業者を問わず24時間365日の即時入金が可能になる。

クレジットカード現金化業界に与える影響

モアタイムによってクレジットカード現金化は便利になる事が予想される。
例えば、

  • 時間外利用時に取り扱い金融機関で業者選定する必要がなくなる
  • 夜間や早朝に対応する業者が増える
  • 新参業者が増える

と言ったように、業者にとっても利用者にとっても良い事尽くめではないだろうか。
また、現在は24時間対応の業者が一部しかなかったが、時間外利用の需要が高まれば24時間対応する業者も増える可能性が高いだろう。
しかし、業者の参入するハードルが下がるため、新参業者が増えて優良業者の見極めが難しくなる懸念もある。

サービスで比較出来るように

これまでは夜間や土日にクレジットカード現金化をするには、対応金融機関を重視して選ばないといけなかったが、取り扱い金融機関や利用者の保有している金融機関の縛りがなくなるので、今後は換金率、スピード、オペレーターの対応力などサービスの本質で業者を比較出来るようになる。

低額利用時の換金率が高まるなど競争激化によって業界全体で現金化する条件が優遇される可能性があるのだ。

24時間対応業者の増加

24時間対応業者が増えるのはいいことだが夜間、深夜、早朝の利用増加によってオペレーターを常駐させていないのに24時間対応を明記する業者が増える可能性がある。
結果的に深夜に現金化しようとすると、業者に問い合わせしても返答がなくて、複数社に問い合わせをする手間が増える事態になるだろう。
従来から24時間対応を得意にしてきた実績ある業者は今まで以上に人気が集中するかもしれない。

また、モアタイムシステムによって、「振込は翌営業日までできない」といった言い訳が通用しなくなる。
個人間の金銭トラブルや土日や夜間でも支払い猶予を持ってもらえないことが増えてクレジットカード現金化の需要はさらに高まるだろう。

新参業者が増える

モアタイムの導入する前は、複数のネットバンクに対応している事がクレジットカード現金化業者を選ぶ最低条件であった。
しかしながら、振込先の口座開設には厳しい審査があるため、金融機関を複数用意するには相応の資金力や実態・実績等が必要になってくる。

モアタイムの導入によって、クレジットカード現金化業者は一つの金融機関で対応できるようになるため、開業の敷居は確実に低くなると言えるだろう。
結果的に、モアタイム導入前は参入できなかった小さな業者が参入するように変化して業者全般の質や小規模の悪徳業者の数が増える可能性は十分にあるのだ。

モアタイムに参加している金融機関

通帳と家

サービス開始当初は504の金融機関がモアタイムシステムに参加しており、都市銀行、地銀はもちろん、信用金庫、信用組合なども多数参加している。
全国にある金融機関の中では、みずほ銀行・JAバンク・ろうきんなどが対応していないが、その他の都市銀行や主要な地銀であればほぼ100%対応していると考えて頂いて差し支えないだろう。

なお、みずほ銀行は自社システムの変更によって当初の参加を見送っていたという都合があったようで、2019年中には参加する見込みとなっている。
いずれにせよ、益々利便性が向上する事が予想されるため、利用者にとっては嬉しい画期的なサービスであることは間違いない。