注意点まとめ|クレジットカード現金化のリスク

様々なリスクが付き纏うクレジットカード現金化ですが、どのようにリスクヘッジすればよいのでしょうか。取引に於ける注意点をまとめましたので、予め確認しておきましょう。

クレカ現金化~利用上の注意とリスク

さて、ここでクレジットカード現金化についておさらいしておこう。
利用の際に注意したい点やリスクには大きく以下の3つが考えられる。

利用停止リスク

利用停止にならないようにSTOPをする手

「クレジットカード現金化」という行為はクレジットカード会社の規約で禁じられている行為であるため、現金化した事実がカード会社側にバレてしまうと利用停止となるリスクがある。

まずは、これらのリスクを回避する方法や傾向と対策を身に付けよう!

悪徳業者には気を付けろ!

今ではすっかりクリーンなイメージが付いたクレジットカード現金化業界だが、ひと昔前までは詐欺会社の巣窟だった。

ネットの普及で口コミや利用者からの情報がすぐ分かるようになったため、これらの悪徳業者はほとんどが淘汰されたが、まだ一定数存在しているのも事実だ。
これらの業者は絶対に利用しないよう、くれぐれも気をつけて頂きたい。

使い過ぎに注意!

クレジットカード現金化と言っても現金がタダでもらえるわけではない!
現金化に利用したショッピング枠は後日きっちりカード会社から請求が来るため、使い過ぎは絶対にNOだ。

入金のあてがある場合のみや、給料日までのつなぎの資金に使うなど、無理の無いクレジットカード現金化プランを立てよう。

傾向と対策

クレジットカード現金化を行う前に、予め注意点やリスクに対する傾向・対策を確認しておこう!

若者「現金化するに当たってリスクとか注意点はある?」
KJ「クレジットカードが利用停止になる恐れ、悪徳業者の被害に遭うリスクがあるね。後はくれぐれも使い過ぎに注意!って所かな。」
若者「なるほど、使い過ぎると後々返せなくなっちゃうもんね。悪徳業者なんて今時いるの??」
KJ「使い過ぎに関しては「よく考えてから利用してくれ」としか言えないんだが、悪徳業者に関しては今でも一定の被害者がいるんだよ。これに関しては気の毒としか言いようがない。」

複数のクレジットカードの画像

若者「そうなんだ・・・どんな手口なの?」
KJ「荒っぽい連中だと、ショッピング枠で商品をカード決済させて、お金が振り込まれないケースが多いかな。お金をそのまま騙し取られてしまう被害だね。後は、商品をこちらに送ってきて、それをそのまま送り返す方式を取るクレジットカード現金化業者が稀にいるのだが、商品が中々送られて来なかったり、商品を送り返しても「まだ届いてない」とか「商品にキズが付いていたから代金は振り込めない」とか言ってきたりするケースもある。」
若者「えええ・・・酷いね。被害に遭わないためにはどうすればいいの?
KJ「悪徳業者は一定期間経ったら廃業してまた新たに事業を始めるという手口を繰り返しているから、歴史が浅い業者は注意が必要かもな。実際に使った人の声や評価をしっかりと確認しておく事が一番の対策になる。利用の際は必ず確認しておくべきだ。」
若者「業者の情報収集が大切なんだね。」

実際に利用停止になる事はあるのか

若者「クレジットカードが利用停止になる可能性はどのくらいあるの?」
KJ新幹線の回数券とか金券類辺りは危険度が高い商品と言えるんだが、これらの商品を買ったら即利用停止になる場合もあれば同じ商品を2~3回買った後になる場合もある。この辺りはクレジットカード会社の裁量の範囲だから何とも言えないな・・・。自己消費の範囲であればスルーされる事が多いんだが、数十万になってくるとかなり危険と言えるだろう。」
若者「そうなんだ・・・どうすればリスクを減らせるの?」

どうすれば利用停止のリスクを減らすことができるか考える男性

KJ無難なのはクレジットカード現金化業者を利用する事だろうな。カード会社には絶対分からない名目で決済してくれるから、バレる可能性はほぼゼロだ。まぁ業者側も馬鹿じゃないって事だな。」
若者「なるほど!商品券以外の商品を買って売るっていうのはどうなんだろう?」
KJ「それも一つの手なんだが、換金率がどうしても下がってしまうんだよな・・・ゲームやブランド品だと換金率70%前後がいい所だからな。総合して考えると業者を利用した方が楽だし早いし安全なんだよ。」
若者「奥が深いんだね。」

現金化業者選びが大事

クレジットカード現金化業者の中には未だ悪徳な営業を続けている者も少なくない。
また、振り込みが遅かったり、規約違反となる恐れがある決済名目(商品券の名目等)を使ったりするような粗悪なサービスを提供する業者も数多く存在している。

これらのリスクを回避するためにも、まずは現金化業者の情報に必ず目を通そう。
先駆者達からの評価が高い業者を積極的に利用していく事が望ましい。
新規の業者であれば出来れば利用せずに口コミが上がってくるまで回避するのが無難だろう。